症状別

むち打ち

こんな症状ありませんか?

  • 首がまわりにくい
  • 首に熱感がある
  • 上をむきにくい
  • 首から頭にかけておかしい
  • 手がしびれる
  • めまいがある
このような症状はむちうちの可能性があります!!
そのような方はやまもと鍼灸接骨院 すまいる鍼灸接骨院にお任せください!!

むち打ちとは

交通事故による強いショックを受けたとき、頭の重さの影響で首の骨は大きくしなります。
このとき鞭(ムチ)を打ったような形に動くので「むちうち」と呼ばれるそうです。

この「むち打ち」の時、体は骨のズレを作って衝撃を吸収します。このズレは放っておいても元の位置に戻るものではありません。
また、この微小なズレはレントゲンでは判別しにくいので、レントゲン上では「骨には異常なし」と診断されることが多いです。その結果、このズレを放置することで症状が長引いている人も多いようです。
事故によって起きたゆがみは早めにきちんとなおしましょう。

むち打ちの治療方法について

首がまわりにくい、上を向きにくい
交通事故の衝撃により、筋肉などにダメージを受けてしまったと思われます。
初期(事故から1~2週間)は無理をせず、アイシングと安静にしてください。

事故から3週間程度たってもまだ首が回りにくい症状があるようでしたら、一度首の骨のズレをチェックすることをお勧めします。
首が熱い(熱感がある)
事故の衝撃で筋肉に炎症があると考えられます。出来るだけ早く首と頭を冷やしてください。
首から肩にかけておかしい(違和感がある)
レントゲン上では異常が見つからなくても、首の上の方の骨は微小にズレていることがあります。その場合原因不明の頭痛や首の症状となって後に残ることもあります。首の骨のチェックをお勧めします。
手がしびれる
首の動きによって、しびれが強くなる場合、まずは病院での検査が必要です。
病院でレントゲン上の異常が見つからない場合、首の骨のズレのチェックをお勧めします。
めまいがある
事故後にめまいが起きた場合、病院で検査が必要です。
検査後有効な治療法が見つからない場合、首の骨のズレのチェックをお勧めします。

むち打ち治療に関してのご注意

■交通事故後は痛みがなくても、すぐに病院で受診しましょう。
「事故後、数日経過してから痛みが出てきた・・・」というお声をたびたび耳にします。
早期治療が早期回復につながりますので、早めに病院で診察を受けることを勧めます。

■「痛みがなくなった。」といって、すべて治療が終わったとはかぎりません。
交通事故の症状は後遺症として残る可能性がありますので、自己判断で通院を途中でやめず、スタッフと相談しながら治療計画を経てていきましょう。

■交通事故の治療は予約優先になります。初診は30分から1時間ほどお時間をいただきますので、お時間に余裕を持ってご来院ください。

ヘルニア

むちうちの結果、下記のヘルニアのような症状も併発する場合があります。
お気軽にご相談ください。

こんな症状ありませんか?

  • 手のしびれ
  • 首を後ろに倒したときにひどくなったら、ヘルニアなどに要注意です。
  • 腰の痛み
  • おしりから太ももの後ろにかけて痛い場合、坐骨神経症の可能性があります。
このような症状はむちうちの可能性があります!!
そのような方はやまもと鍼灸接骨院 すまいる鍼灸接骨院にお任せください!!

治療について

手がしびれる
首の動きによって、しびれが強くなる場合、まずは病院での検査が必要です。
病院でレントゲン上の異常が見つからない場合、首の骨のズレのチェックをお勧めします。
腰の痛み
急性期で炎症が強いときはあまり強い矯正はせず、アイシングと安静、生活指導
(正しい座り方、歩き方など)で1日~2日様子を見ます。
急性の症状が収まったら、骨格を全身のバランスを考えて矯正することを行います。
事故によって起きたゆがみは早めにきちんとなおしましょう。

ヘルニアの方へご注意

■長くお風呂に入らない。(痛みのある箇所は温めないでください。)
■痛みのある箇所はもみほぐしてはいけません。

肩こり・腰痛・頭痛・めまい

肩こりについて
通常、“肩こり”と聞くと、交通事故の後遺症とはあまり関係が ないように感じますが、事故の衝撃により、骨が歪んだり、筋肉にダメージを受けた ことにより肩こりが生じることがあります。

このような場合、保険適用で治療ができますので、
お気軽にやまもと鍼灸接骨院 すまいる鍼灸接骨院までご相談ください。
腰痛について
“腰痛”も上記の肩こりと同様、交通事故により生じる場合が あります。
保険適用が可能で、保険会社との連絡もさせていただきますので、一度ご連絡ください。
頭痛について
交通事故により頭を打った時には、頭に色々な変化が起こります。特に頭蓋骨(あたまの骨)の内側に出血が起こると生命に危険をおよぼすことが多いので 注意が必要です。

このような頭蓋骨内出血(あたまの中の出血)の症状は、頭を打った後すぐに起こることも、 1~2日後など数日たってから起こることも、またずっと遅れて、時には数ヶ月たってから起こってくることもあります。
ですから、何も症状がなくても、十分に注意しなければなりません。
頭を打った後、元気だった人が急に死亡したりすることがよくあるのは、このような頭蓋骨内出血のためです。 この頭蓋骨内出血は、頭蓋骨骨折(あたまの骨折)とは、かならずしも関係しませんから、頭の骨に異常がないからと言って 安心は出来ません。

手遅れにならないうちに、患者さんを病院へ連れて行くことが非常に重要です。

以下の症状の方はいませんか?
どれかが当てはまるか、または、疑わしいと思われる時には、すぐに病院か 救急にご連絡してください。

こんな症状が出たら要注意!!

  • 頭痛(あたまいた)がだんだん強くなるとき
  • 吐き気や嘔吐が何回も起こるとき
  • ぼんやりしているとき
  • ほっておくとすぐ眠ってしまい、起こしてもなかなか起きないとき
  • 視力が弱くなったり、物が二重に見えたりするとき
  • けいれん(ひきつけ)が起こるとき
  • 熱がどんどん高くなるとき
小さなお子さまへ注意点
なお、小さい子どもさんは、相当強く頭を打ったときでも症状が出にくいことが多いので、たとえ元気にしていても1~2日は目をはなさないことが大切です。
頭を打った後、少なくとも2~3日は安静を保ち、1人で外出したりしないよう注意してください。 また、病院へ患者さんを運ぶときには、出来るだけ振動の少ない乗り物で短時間で運んでください。

めまいについて

交通事故により骨が歪んでしまった結果、めまいが起こることがあります。
めまいも立派な交通事故の後遺症です。お気軽にご相談ください。

やまもと鍼灸接骨院・すまいる鍼灸接骨院だからできること

当院では、交通事故による“ケガ”の診療・治療をすることができ、保険会社に提出する証明書も発行することができます。
保険会社への連絡は当院が間に入り、治療費について対応させていただきますで、ご安心ください。